広告

6dd1f20685ee2752e4acaa1e3a99469b_s
クレジットカード貧困の罠…リボ払いはこんなに危険!利息だけで百万円に上ることも

 アメリカはさまざまな面で世界の最先端を行く。たとえばIT。筆者も働いたことがあるが、公立の貧乏な小学校でもWi-Fi環境が整備されており、授業でノートPCやタブレットを普通に使っている。70~80代の高齢者もPCを使える。公共、民間とも各種手続きはオンライン、ペーパーレスが基本。PCやWi-Fi環境を持てない人のために、図書館は夜遅くまでPCとWi-Fiが無料で使えるようになっている。

 また、アメリカはクレジットカード先進国でもある。クレジットカードが世界で一番早く普及し、何枚ものカードを持つのが当たり前になった。持っているカードの種類や枚数が、その人のステータスを表すこともある。

カードをたくさん持つことより「Debt Freeが最高!」へ

 ところが、2008年のリーマンショックあたりから風向きが変わった。不動産の値上がりを前提に、全額ローンで家を買った人たちが不況でローンが返せなくなった。このローンビジネスにかかわった巨大金融機関の倒産がきっかけで、世界経済が大打撃を受けた。

 それまでのアメリカの考えは、「ローンはどんどん借りればいい。ローンでローンを返す生活でも大丈夫。給料は毎年上がるし、不動産もどんどん値上がりするから」だった。貯蓄率ゼロでも、株や不動産の値上がりでやっていけた。それが様変わりした。

 多くのクレジットカードを何枚も持って、買い物の支払いはすべてカードにしていた人たちが、カードにハサミを入れて解約し、デビットカード(即払いのカード)を使うようになった。

 クレジットカードや車のローン、その他のローンをすべて返済して「Debt Free(借金ゼロ)」を目指す人が増え、公共機関や教会で「借金をゼロにして自由な人生を送ろう」というセミナーが開かれるようになった。「私はカードの残高を全部払い終えて、借金から完全に自由になりました!」という人が自分の経験を話して、参加者から喝采を浴びるようになった。

Business Journal
(* `・д・) : やっぱり、カードで借金をして、消費を続けるってすごく不健全に見えるよね。

(=´・ω・) : アメリカのクレジットカードはminimum paymentっていう日本のリボ払いに似たような制度で、毎月一定の金額を払い続けることで、支払いを先延ばしていく支払い方法が一般的なんだよね。

 だから、自分がいくらのお金を消費してるのか、感覚が分からなくなっていって、気が付くと、借金が膨大な金額になってたりする人が続出したんだよね。

(* `・д・) : 日本でも、リボ払いだけは、やめとけって言われるもんねー。

 でも、アメリカは、それで消費が回っていたっていう側面もあるんでしょ。

(=´・ω・) : そう。

 アメリカが基本的にデフレに陥らずに、インフレ目標を達成できているのは、政府が金融緩和を行って、それが国民の消費に回るっていう良い循環が生まれているからなんだよ。

 日本は逆に貯蓄率が高すぎて、消費に回らないから、いつまでたってもデフレから抜け出せない。

(* `・д・) : だとすると、アメリカ人は、貯蓄をしないで、今の消費に全部使っちゃうような将来のことをあんまり考えないような生活しているから、経済が好調で、一方の日本人は、慎重な性格で、将来のことを第一に考えるから、デフレになっちゃうってこと?

 だとしたら、どっちの方が良いんだろうね。

(=´・ω・) : よく、そういう日米比較がされるけど、そういう見方自体が間違ってると思うよ。

 前の記事で、アメリカ人の貯蓄額の低さを紹介したけど、貯蓄額の低さだけを見て、アメリカ人の生活様式を批判するのは短絡的だよ。そういう見方してる日本人いっぱいいるけど。

【前回記事】
アメリカ人の7割が貯金10万以下、3割強がナント貯金ゼロ!

 貯蓄額だけを見て、アメリカ人が将来のことを考えていないって思うのは、まったくの間違い。まぁ、3割強の人が貯蓄額ゼロってのは、さすがにマズイだろとは思うけど。

 でも、アメリカ人の家計の資産構成比率を見ると、債権、投資信託、株式の比率が合わせて51.8%もあって、日本人の貯蓄率52.7%にほぼ同じくらいの規模になるんだよ。

【参考記事】
日本の家計資産残高は増加、1746兆円に…日米家計資産推移(2016年Q2分) - Garbagenews

 むしろ、将来の生活のことを考えているから、個人個人が金融リテラシーを磨いて、投資で将来のインフレに備えようとするんだよ。

 貯蓄なんてもっとも馬鹿な資産管理で、経済ってのは一般的に将来どんどん成長して、規模が大きくなっていくものだから、現金資産は、20年、30年っていうような超長期的に見たら、目減りしていく一方の資産なんだよ。

 そうすると、金融リテラシーの低い日本人の方がよっぽど将来のことを考えてない、とも言えるんだよ。

(* `・д・) : へー。ものの見方って面白いね。

 アメリカ人からしたら、貯蓄率の高い日本人の方が将来のこと考えてなくて、「国頼り」一辺倒になってるように見えるのかな。

(=´・ω・) : そう。

 しかも、その頼りの国が、北欧みたいに信頼できる制度の下で、しっかりとした社会保障を行っているわけじゃ全くないし。

 日本の政治は、あまりにお粗末で、まともに信用できる年金制度を構築できてない。

 年金流用やら年金情報の喪失やら、不祥事は絶えないし、明らかに制度的に破綻している賦課方式を政治的な理由からいつまでたっても改革できないでいる。

 日本は、中国共産党並みの腐敗国家で、官僚と政治家は自分の生活だけ安泰ならそれでいいんでしょ。

 ほんと、日本国民って、海外から見たら、国に頼ってばかりで、ただおとなしく搾取されてるだけの羊みたいな国民に見えてるんじゃない?

(* `・д・) : なんだか、身も蓋もないなー

(=´・ω・) : アメリカでは、国家は信用できないっていう考え方が、個人の間に根強くあるから、地域社会や家族のつながりっていうのは、日本以上に強いんだよ。

 サブプライムローンで破綻して家や財産を失って、行き場をなくした人がたくさん出たとき、それを親族や地域社会、教会やNGO、ボランティア団体が助けに入っていた話は、当時よく報道されていたよね。

(* `・д・) : そういえば、教会の役割が再評価されてるっていうニュースは見たなー。教会が、行き場を失った人たちを一時的に保護したりしてたよね。

(=´・ω・) : アメリカではまだ政府以外のセーフティネットがちゃんと機能しているんだよ。そういう意味では、アメリカの方がよっぽど集団主義的な社会で、日本の方が個人主義的な社会だよ。

 日本人は、将来、頼れるのは自分しかいない、誰も助けてくれないっていう不安があるから、貯蓄に一生懸命励むのかもね。

 日本は、まさに「お一人様」文化だよ。

・次の記事へ続きます↓
どうしてこうなった!? 金融緩和が消費につながるアメリカ、金融緩和が企業の内部留保につながる日本

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット