広告

34a17fc4cc59e627d0afb7c510a33e5b_s
貯金しないアメリカ人 「10万円もない」が69% 専門家「カード社会が原因」と指摘

 「Go Banking Rates」がアメリカ人の成人7000人を対象に「銀行にどれだけ貯金がありますか」という調査を行ったところ、34%は貯金額がゼロ、69%が1000ドル(約10万円)の貯金もないと回答し、貯蓄好きと言われる日本人からみると衝撃的な結果となっている。ちなみに昨年5000人に行った同じ調査では、28%が貯金額ゼロ、62%が1000ドル以下と答えており、貯金をしないアメリカ人が増加していることがわかる。

 さらに貯金額が4999ドル(約52万円)以下のアメリカ人は全体の80%にも上り、緊急事態が起こったときに費用が工面できないといった状況に陥ることは容易に想像できる。

 一方、貯金額が1万ドル(約103万円)以上あるのは全体の15%で、昨年14%から1%アップしている。

 ニューヨーク「Mollot & Hardy, Inc.」で働くプロのファイナンシャル・プランナー(CFP)マイケル・ハーディー氏は「アメリカ人が貯金できない理由は、お金がないのに使ってしまうというライフスタイルにあります。1年に3万ドル稼ごうと30万ドル稼ごうと、彼らには関係ないのです。現金で払えないのにもかかわらず、収入があればすぐ使ってしまう。収入以上の生活レベルを下げることができないのです」と問題点を指摘する。クレジットカードやキャッシュレスで買い物が簡単にできてしまうシステムに問題があるという。

Techinsight
(* `・д・) : 69%って。。。

 7割が10万円の貯金もないの?10万以下の貯金で生活大丈夫なの?

(=´・ω・) : いや、34%の貯金ゼロの方が、心配なんだが。。。

(* `・д・) : 確かに(笑)

 でも、この34%って、69%のなかに含まれてるんだよね、当然。

(=´・ω・) : う~ん、分かりにくい記事の書き方だけど、普通に考えてそうじゃない?まさか、別だったらとんでもない数字になっちゃうよ。

(* `・д・) : しかし、それにしてもサブプライムローンから何も学んでないよね。

(=´・ω・) : 2008年9月に投資銀行のリーマン・ブラザーズが破綻したのが、こうしたクレジットカードによるサブプライムローンが原因だからね。

 ぜんぜん、変わってないってことだよね。

(* `・д・) : アメリカ人の生活様式も、アメリカ経済が回る仕組みも、リーマンショック以前から何も変わってないってこと?

 それじゃ、今、アメリカ経済は回復基調だけど、またそのうち好景気になって、そのあと、また不良債権が大量に出るようになって、そしてまた破綻する、っていうのを繰り返すのかな。

(=´・ω・) : なんだか、アメリカ経済って、こーいうのが一つのサイクルのような気がしてきた。

(* `・д・) : でも、悪いニュースだけじゃないよ。

 この記事にも書いてあるけど、貯金額が1万ドル(約103万円)以上ある人は増加していて、全体の15%になってる。

(=´・ω・) : それ、去年から1%増加しただけ!

・次の記事へ続きます↓
【不思議の国アメリカ】なぜアメリカ人は、貯蓄がなくても生活して行けるのか?

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット